duminică, 21 mai 2017

Yokoso Romania

あなたの旅はここから始まります………スマイル・フォー・ミー!
58318d535def4

やあ。 お元気ですか

名前 Madalin です
はじめまして!ルーマニアからルーマニア偉大なです
日本日本文化好きです。
は、私たち定義するものです
ルーマニア豊かな文化持つ興味深いです武将平和戦争長い歴史あります日本同じよう我々 は戦った我々 が征服した私たち耐えています
絆は、私たちを定義するものです。
ヨーロッパ発見楽しいです
 
ルーマニアここでそれキャッチするため待っている!
 
詳細についてメールしてください: madalin@rentforcomfort.com
あなたはいつでも歓迎している!
ありがとうございました!
brasov-piata-sfatului-HD.jpg

ルーマニアの文化

こんにちわ!

私は、文化が素晴らしいと刺激的であることを教えるつもりです。

王子と竜の息子の物語

第1章

説明. 今日の話は: Mihai Viteazu (Mihai 勇敢な)  と吸血鬼 (ドラキュラ)
ミハイはワラキアの王子だった. 1593で生まれ、1601で死亡, しかし、彼の人生は彼の死についてではなく、彼が住んでいた方法だった。ミハイは私達の最も貴重な名前の1つである - 彼は英雄だったので!
ミハイが国家の君主になる前に全国民は全然国家ではなかった。実際にはちょうど日本のように戦国時代にあった。 危険な時期だった。
王子の最初の戦いはCălugăreniの戦いだった。
Călugăreniの戦いは歴史上非常に重要な瞬間でした。この瞬間がルーマニアとヨーロッパの運命を決める。オスマン帝国がルーマニアに入国した場合、洪水門が開かれ、ヨーロッパが包囲されていたであろう。

勇敢な王子の話をする前に、歴史と背景を知る必要があります。

地理

第二次ダキア戦争(紀元105年頃)の際、オルテニア西部がダキア属州の一部となり、ワラキアの一部がモエシア属州(モエシア・インフェリオル、下モエシア)に併合された。ローマのリメスがオルト川沿いに建設された(119年)。2世紀中に国境線は東へわずかに伸び、ドナウ川からカルパチア山脈にあるルカル(Rucăr)へ拡張した。国境線は245年にオルト川まで退却し、271年にローマ人らはこの地域から撤退した(短期間のローマ支配で、ローマ文化とキリスト教が伝播した)。
ムレシュ=チェルナエホフ文化(Cultura de Mures)をもたらしたゴート族やサルマタイ人や、さらに別の遊牧民族が、現在のルーマニアの大半を侵略した民族移動時代にも、ローマ文化の浸透は進んだ。328年、ローマ人がスキダヴァ(現在のゴルジュ県チェレイ)とオエスクス(現在のブルガリア・プレヴェン州ウルピア・エスクス)の間に橋を架けた。これはドナウ川北方の民族との大規模な交易があったことを示唆するものである。332年、コンスタンティヌス1世が、ドナウ川北岸に定住していたゴート族を攻撃し、その後コンスタンティヌス1世の下で短期間ワラキアが支配されていたことが立証されている。ゴート族はドナウ川北岸、のちに南岸に定住した。ゴート族支配は、フン族がパンノニア平原へ到着し、アッティラの統率下、ドナウ両岸にあった約170箇所のゴート族の定住地が攻撃され破壊されて終焉を迎えた。

中世

5世紀から6世紀にかけて東ローマ帝国の影響があったことは、イポテシュティ・クンデシュティ(Ipoteşti-Cândeşti)の遺跡などにより明らかである。しかし6世紀半ばから7世紀にかけてスラヴ人がワラキアへ移動し始め、定住した。スラヴ人は東ローマへの経路にあたるドナウ南岸を占領した。593年、東ローマの将軍プリスクス(Priscus)はスラヴ人、アヴァール人、ゲピド人を打ち負かした。602年、スラヴ人は手ひどい敗退を喫した。マウリキウス帝は帝国軍にドナウ北岸へ展開するよう命じたが、軍の強固な反対に直面した。
ワラキアは、第一次ブルガリア帝国が681年に成立した際に支配され、10世紀後半にマジャル人がトランシルヴァニアを征服するまで続いた。ブルガリア帝国が(10世紀後半から1018年にかけ)衰え東ローマ帝国へ従属するようになると、10世紀から11世紀にかけ勢力を拡大してきたトルコ系のペチェネグ族がワラキアを支配下においた。1091年頃に南ロシアのクマン人がペチェネグ族を敗退させ、モルダヴィアとワラキアの領土を手中に入れた。10世紀初頭以降の東ローマ、ブルガリア、ハンガリーの文献、遅れて西欧の文献により、ルーマニア人(ヴラフ)の小勢力が、最初はトランシルヴァニアで、12世紀・13世紀にはトランシルヴァニア東部やカルパチア山脈南部で、クニャズ(Print、公)やヴォイヴォド(Voevod、総督または知事)に率いられて乱立していたことが記録されている。
1241年、モンゴル人のヨーロッパ侵攻でクマン人支配は終焉を迎えた。ワラキアはモンゴルの直接支配を受けたと思われるが立証されていない。その後、ワラキアの一部はしばらくの間ハンガリー王国とブルガリア人の間の係争地となったようである。しかし、モンゴル侵攻を受けたハンガリー王国の極度の弱体化が手伝い、ワラキアでは新たに強固な諸勢力が確立されることになった。これら諸勢力は数十年間存続したことが実証されている。

公国の誕生

ワラキアのヴォイヴォドについて初めて記された文献には、カルパチア山脈の両側の土地(トランシルヴァニアのハツェグ国を含む)を支配していたワラキア公リトヴォイ(Litovoi)に関連する記述が登場する(1272年)。リトヴォイはハンガリー王ラースロー4世へ朝貢することを拒んだとされる。リトヴォイの後を継いだのは弟のバルバト(Bărbat、在位1285年-1288年)であった。さらなるモンゴル侵攻(1285年 1319年)でハンガリー国家の弱体化が続き、アールパード王家が崩壊したことでワラキア諸勢力の統合、そしてハンガリー支配からの脱却の道が開けた。
ワラキアの建国は、伝承によればワラキア公ラドゥ・ネグル(Radu Negru)の業績とされてきた。ラドゥ・ネグルは、歴史学上はオルト川の両岸に支配を確立しハンガリー王カーロイ1世に対し反乱を起こしたバサラブ1世に比定される。バサラブ1世はバサラブ家初代の公として、クンプルングに宮廷をかまえた。バサラブ1世はファガラシュ、アムラシュ(Amlaş)、セヴェリンのバナトの領土をハンガリーへ割譲することを拒み、1330年のポサダの戦い(ルーマニア語版、ハンガリー語版、英語版)でカーロイ1世軍を打破した。バサラブは東へ領土を拡張し、のちのベッサラビアとなる、ブジャクのキリアにまで至る領土を支配した。バサラブ1世の後継者らはキリアの支配を維持することができず、キリアは1334年頃ノガイ人によって奪われた。
バサラブ1世の次にワラキア公となったのはニコラエ・アレクサンドルで、ニコラエの次はヴラディスラヴ1世(Vladislav I)が継承した。ヴラディスラヴ1世は、ラヨシュ1世がドナウ川南部を占領するとトランシルヴァニアを攻撃した。1368年にヴラディスラヴ1世は、ラヨシュ1世を大王と認めることを余儀なくされたが、同じ年に再び反乱を起こした。ヴラディスラヴ1世の統治時代にはまた、最初のワラキア=オスマン帝国間の紛争が生じた。対トルコ戦でヴラディスラヴ1世はブルガリア皇帝イヴァン・シシュマン(Ivan Shishman)と同盟を結んだ。ワラキア公ラドゥ1世とその後継であるダン1世のもとでは、トランシルヴァニアとセヴェリンの領土がハンガリー王国との間で争われ続けていた。
バサラブ1世以降、ワラキアの統一的統治者は「公」(ルーマニア語:DomnまたはDomnitor、英語:Prince "Print")と呼ばれるが、一つの家系が世襲する国家ではなかったことが特色である。それぞれが大土地所有者であるボイェリ(Boier、ボヤールとも。封建貴族階級)は、自身の領土から賦役と十分の一税を取り立てる封建領主であった。ボイェリらは同じボイェリの中から、自分たちを代表する人物を公に選ぶ選挙制をとっていた。そのため、公は終身制と決まっているわけではなく、2、3年で交替したり、同じ人物が2度、3度公位につくこともあった。

1400年-1600年  

ミルチャ1世からラドゥ大公の時代

バルカン半島全体が、勃興したオスマン帝国の枢要部分となることで(1453年にスルタン・メフメト2世がコンスタンティノープルの陥落に至らせた軍事行動)、ワラキアはトルコとの常習的な対決で時を費やされるようになった。ミルチャ1世(ミルチャ老公、在位1386-1395年、1397-1418年)時代末期にはワラキアはオスマン帝国の属国となった。
ミルチャ1世は初め数度の戦い(1394年のロヴィネの戦いを含む)でトルコを敗退させ、敵をドブルジャから駆逐して短期間ながら自身の支配をドナウ・デルタ、ドブルジャ、シリストラにまで広げた(1400 1404年頃)。彼は、神聖ローマ皇帝ジギスムントと同盟しながら、一方でポーランド・ヤギェウォ朝とも同盟を結んだ(どちらの国ともニコポリスの戦いで同盟した)。1417年、メフメト1世がトゥルヌ・マグレレとジュルジュを支配下においた後、ミルチャ1世はオスマン帝国の宗主権を受け入れた。この2つの港町は短期間の中断があったものの、1829年まで軍直轄地としてトルコの支配下におかれた。1418年から1420年、ミハイル1世(Mihail I)がセヴェリンでトルコを負かしたが、ミハイルはトルコの反撃で戦死した。1422年、ダン2世(Dan II)が、ハンガリー軍人ピッポ・スパノ(Pipo of Ozora' confident of King Sigismund of Hungary)の助けを得てムラト2世軍を打ち負かし、対トルコ危機はしばらくの間ワラキアから遠ざかった。
1428年に和平が結ばれるとワラキア国内の危機に入った。ダン2世はラドゥ・プラスナグラヴァ(のちのラドゥ2世)から自身を防衛しなければならなかった。ラドゥは、既定のワラキア公に対抗して、率先してボイェリ連合と手を結んだ(当時、ボイェリらはトルコによる抑圧に応じて公然と親トルコとなっていた) 。1431年にボイェリ側は勝利を収め(ボイェリが後押しをしたアレクサンドル1世アルデアがワラキア公となった)、アルデアはおよそ5年間公位にあったが、ボイェリらはアルデアの異母弟ヴラド2世(Vlad II)から継続的に攻撃を受けた。そのヴラド2世にしても、やはりトルコの大宰相府と神聖ローマ帝国の間で妥協を図ろうとした 。しかし1444年のヴァルナの戦いでスルタン・ムラト2世軍にキリスト教国連合軍が大敗した後、ヴラド2世はトルコに従属する他なくなり、ハンガリーの将軍フニャディ・ヤーノシュと敵対するようになる。

その後の10年間は、2つの対抗する貴族ダネシュティ家とドラクレシュティ家(House of Drăculeşti)との対立、ハンガリー王国摂政となったフニャディ・ヤーノシュの影響力増大、ワラキア公ヴラディスラヴ2世の中立的支配の後の、ヴラド2世の次男ヴラド3世の興隆が目立った。ヴラド3世時代に、ブカレストはワラキア公の居住地として初めて歴史上に名を現した。ヴラド3世は反抗的なボイェリたちに恐怖政治を敷き、ボイェリとオスマン帝国との全てのつながりを断ち切った。彼は1462年、トゥルゴヴィシュテの夜襲(The Night Attack)においてメフメト2世軍の攻撃を打ち負かしたが、トゥルゴヴィシュテへ退却を強いられ、以前よりさらに多くの朝貢を飲まされた。ヴラド3世時代には、イスラム教徒の実弟ラドゥ3世美男公(Radu cel Frumos)やライオタ・バサラブとの対立が対トルコ戦と平行して続き、ハンガリー王マーチャーシュ1世軍のワラキア侵攻、モルダヴィア公シュテファン3世(シュテファン大公)のワラキア占領、ラドゥ3世によるワラキア征服とその死までの11年間の支配といった事態を招いた。1495年にワラキア公となったラドゥ・チェル・マーレ(ラドゥ大公)はボイェリらといくつかの妥協をし、彼はモルダヴィア公ボグダン3世との衝突があったものの、国内の安定した時代を守った。

オスマン帝国の宗主権はそれから90年間を通じて事実上脅かされることなく続いた。1545年にスレイマンによって位を追われたワラキア公ラドゥ・パイシエは、同年にオスマン施政に対しブライラ港を譲渡した。ラドゥ・パイシエの後継ミルチャ・チョバヌル(在位1558年-1559年)は財産相続権を与えられることなく公位に就くことを強要され、そのために自治権縮小を呑んだ(徴税増額、および親トルコのハンガリー王位請求者サポヤイ・ヤーノシュを支援するためのトランシルヴァニアへの軍事介入実施)。ボイェリの一族らの間の対立がパトラシュク・チェル・ブン(Pătraşcu cel Bun)公時代以後緊迫し、ボイェリが支配者以上に優勢を誇ることが、ペトル・チェル・トゥナル(Petru cel Tânăr)公(1559 1568年、摂政ドアムナ・キアジナDoamna Chiajnaが執政し、徴税の高騰で知られる)、ミフネア・トゥルチトゥル、ペトル・チェルチェル時代には露骨となった。ボイェリたちは、西欧の貴族のような称号を持っていなくとも、財産にものを言わせて官職を買うことは可能であったし、そのうえイスタンブールのスルタンや大宰相に献金をすれば公という最高位も買えた。また、オスマン帝国の方も、古くからあるボイェリによるワラキア公選挙制を残しつつも、帝国の推す人物が有利になるよう買収を行うことは珍しくなかった。同時代のオスマン帝国領ハンガリーやバルカン諸民族と違い、ワラキア、トランシルヴァニア、モルダヴィアの3公国が帝国に占領されず、パシャ領にもならなかったのは事実である。しかし、帝国は上記の3公国を属国とみなしていたのである。
オスマン帝国は、オスマン帝国軍の物資供給と維持管理のため、ますますワラキアとモルダヴィアの徴税に頼っていった。一方で地元ワラキアの軍は、強いられる負担の増加や、傭兵軍のほうがはるかに効率的であることが明白となったことから、やがて消滅してしまった。

第2章

そして今、私たちの物語に戻る ---- 17世紀 一 つづく

 

Romania の歴史 - 第2章 - 王子と吸血鬼

そして今、私たちの物語に戻る
私達の前の物語で: 私達はミハイの生れについて話した. 今、私たちは、ミハイという名前の王子がどのように重要かについて話します.
そして、何が王子のミハイ後に続いていた....
17世紀
当初はオスマン帝国の支援を利用して、1593年にミハイ勇敢公(Mihai Viteazu)がワラキア公位についた。ミハイはトランシルヴァニア公バートリ・ジグモンドとモルダヴィア公アロン・ヴォダ(Aron Vodă)と同盟を結んだ上、ドナウの南北岸でムラト3世軍を攻撃した(カルガレニの戦い)。ミハイはやがて神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の臣下に入り、1599年から1600年にはポーランド・リトアニア共和国時代のポーランド王ジグムント3世に対抗してトランシルヴァニアに干渉し、トランシルヴァニアをミハイの支配下に置いた。ミハイの支配は短かったものの、翌年にはモルダヴィアへ拡大した 。短期間ながらミハイはルーマニア人の住む全地域を統合し、古代ダキア王国の主要部を再興した。ミハイの没落につれて、ワラキアはシミオン・モヴィラ率いるポーランド=モルダヴィア連合軍に占領された(モルダヴィア・マグナート戦争Razboiul Moldov)。
モヴィラによる占領は1602年まで続いたが、同年にはトルコ系のノガイ人による攻撃を受けた。
オスマン帝国の拡大における最終局面では、ワラキアの緊張が増大した。政治支配に続き、オスマン帝国が経済的主導権を握り、首都であったトゥルゴヴィシュテが見捨てられブカレストが選ばれた(ブカレストはオスマン帝国との国境に近く、貿易中心地として急速に成長していた)。ミハイ勇敢公治下では荘園での収入増加策として農奴制が確立され、下級ボイェリらの重要性は薄れた(消滅を恐れた下級ボイェリらは1655年にセイメニの乱を起こした) 。
その上、土地所有よりも高位官職に任命される重要度が増したことから、金で官位を買うべくギリシャ人とレバント人にすりより、これら一族の流入をもたらすことになった(ファナリオティスを参照。ギリシャ人らはワラキア人と同じ正教会信徒であり、金融業を営んでいたため富裕であった)。この過程は既に17世紀初頭のラドゥ・ミフネア公時代に地元ボイェリによって不快に思われていた 。ボイェリによって任命されたマテイ・バサラブは、1653年のフィンタの戦い(Battle of Finta。
モルダヴィア公ヴァシレ・ルプを打ち負かした)を除けば、ワラキア公として比較的長い平和な時代をもたらした(1632年-1654年)。フィンタの戦いの後にルプが公位を追われ、マテイ公の息のかかったゲオルゲ・シュテファンがヤシでモルダヴィア公位についた。ゲオルゲ・シュテファン公と、マテイの後継であるコンスタンティン・シェルバンの密接な同盟関係は、トランシルヴァニアの支配者ラーコーツィー・ジョルジ2世によって維持された。しかし、オスマン支配から独立するための3公国の計画は、1658年から1659年にかけ襲ったメフメト4世軍に打ち破られた。スルタンのお気に入りであったグリゴレ1世ギカとゲオルゲ・ギカの統治は、そのような反抗を未然に打ち砕くためのものであった。しかし、それが、ボイェリであるバレアヌ家(Băleanu)とカンタクジノ家(ギリシャ人に始まるファナリオティスの家柄)との間の血なまぐさい衝突の引き金となった。この抗争は1680年代までワラキア史上の大事件であった。カンタクジノ家は、同盟を結んでいたバレアヌ家とギカ家に脅かされ、まずアントニエ・ヴォダやゲオルゲ・ドゥカといったカンタクジノ家が選んだワラキア公を後援し、後には同族からワラキア公を出した。
それが1678年から10年間ワラキア公であったシェルバン・カンタクジノである。シェルバンはブカレストに公国初の学校を創立し、各種の活字印刷機の導入に同意した。シェルバンはルーマニア・キリル文字で書かれたルーマニア語訳聖書(通称カンタクジノ聖書)の編纂も命じた。この聖書はその後長きに渡ってルーマニア正教会で用いられた。
そういうわけで、私たちの勇敢な王子様の生き方です。 常に私たちのために自分自身を犠牲にして喜んで。
彼は私たちが誇りに思って愛する国を作りました。

しかし、彼の話は最初ではなかった!

......................
................
...........
......

次の話は:  王子と吸血鬼 第3章

一 つづく